ナウマンゾウのキバ

ナウマン象のキバ
ナウマンゾウは50万年ほど前から1万5000年ほど前まで日本各地に棲息していました。長野県塩尻市で発掘された事が有名です。名前の由来は明治時代に日本で活躍したナウマン博士から付けられました。

標本サイズ W410 H120 D120 6.5kg

標本番号 K-001

おすすめの記事